スポンサードリンク

解説原爆ドーム

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
日本の世界遺産:原爆ドーム 原爆ドーム
~広島県広島市~

ヒロシマという地名を、全世界が知ることになったのは、人類史上最初の原子爆弾を受けた地、という悲しい事実があるからです。

現在、原爆ドームとして知られている建物は、1915年、チェコのヤン・レツルという建築家が設計し、広島県物産陳列館という名前で建てられました。広島県の物産品を展示したり、販売したりする施設は、その後「広島県商品陳列所」「広島県産業奨励館」と名前を変えながらも、レンガ造りで、楕円形のドームが乗せられたモダンな建物として、広島の街にヨーロッパの景観が誕生したと言われ、広島の名所の一つとなっていました。

1945年、日本の数か所が原爆の投下候補地に選ばれていた中で、作戦実行当日の8月6日、晴天だった広島が投下地に決定しました。

午前8時15分、今日も暑くなりそうだと人々が朝の挨拶を交わし、また家族団らんで朝食をとり、また仕事や学校に向かい、誰もが普段通りの生活をしている、その広島の街に、重さ4tの原子爆弾が投下されたのです。

原子爆弾は、上空600mで炸裂した後、不気味なキノコ雲を発生。

熱風、爆風、放射能による脅威は約35万人と、街を飲みこみ爆心地周辺の地表温度は、4000℃にも達したと言われています。とても生物が生き残れる温度ではありません。

約20万人の命を奪い、今もなお被爆者として後遺症に苦しんでいる人もいるということは、悲しい限りです。原爆による黒い雨が降り、地獄絵図のようなすさまじい光景が広がりました。

原爆ドームも例外ではなく、ものすごい爆風と熱線により大破しました。鉄骨がむき出しの残骸となり、いつしか産業奨励館は核兵器による悲惨な過去を伝える建物として原爆ドームと呼ばれるようになりました。

原爆ドームは、これまで「悲惨な記憶を思い出すので保存すべきでない」という意見もあり、度々議論されて来ましたが、悲しく痛々しい出来事の象徴だからこそ、後世に残すべきという意見にまとまり、おおがかりな補強工事を2度行いました。

そして、広島市議会、広島市民一丸となって世界遺産への登録運動へと動き出します。

「日本は戦争を反省していない」という意見の、米国と中国が欠席する中、歴史の証人としての価値が評価され1996年、世界文化遺産として 登録されるに至りました。

ポーランドのアウシュビッツ収容所に続く、世界で2番目の負の遺産ですが、核兵器の廃絶と、人類の平和への誓いのシンボルとして世界中から人々が訪れています。原爆ドームは現在も、1945年8月6日午前8時15分の姿のまま時を刻んでいるのです。

周囲に瓦礫が散乱している原爆ドームには、入ることができませんが、原爆ドームのある広大な広島平和記念公園は、戦争の悲惨さ、原爆の恐ろしさを、今に伝える様々な建造物があります。

原爆死没者慰霊碑は、家形埴輪をかたどった屋根の下の石室に、約24万人の犠牲者名が記された名簿が納められています。犠牲者の霊を雨露から守ろうと家形にデザインされたそうで、献花する人が絶えることはありません。

慰霊碑を正面から見ると、一直線上に平和の灯と原爆ドームを望むことができます。平和の灯は、まるで手首を合わせ、手のひらを空にかかげたような台座の上に灯っています。昭和39年8月1日点火され、核兵器が地球上から消えてなくなる日を願って、今も燃え続けているのです。

原爆の子という像は、被ばくによる白血病のため12歳で亡くなった少女、佐々木禎子さんと、同じく原爆の犠牲になったたくさんの子供たちを慰霊するために建てられた像です。禎子さんをモデルに作られた少女た、手を大きく空にかかげ折り鶴を掲げています。この石像の周りを、たくさんの千羽鶴が囲み、千羽鶴の塔としても有名で、石碑には、「これはぼくらの叫びです これは私たちの祈りです 世界に平和をきずくための」と刻まれています。

広島平和記念資料館は、本館と東館に分かれていて、本館では腰かけていた人の影だけが黒く残る人影の石、焼け焦げた学生服、黒い雨の跡など、生々しい被爆資料や、被爆した人々の遺品が展示されていて、胸が締め付けられます。東館では、被爆前と被爆後の広島の様子が紹介されていて、廃墟と化した市街の模型や、写真などで、わかりやすく解説されています。

戦争が風化しつつある現在、戦争体験を語れる人も少なくなってきました。

戦争を過去の出来事と簡単に片づけて、千羽鶴を放火したり、原爆ドームの立ち入り禁止区域に入り、落書きをするような、心ない人達もいます。しかし、戦争を知らない世代だからこそ、今の平和は、戦争で犠牲になったたくさんの人々の上に成り立っている、ということを忘れてはいけません。世界で唯一の被爆国の国民だからこそ、戦争の悲惨さ、平和への祈りを、これから先もずっと伝えていかなければならないのです。


原爆ドームへの交通アクセス

JR山陽新幹線・山陽本線広島駅から広島電鉄2号線、または6号線16分。原爆ドーム前電停下車、徒歩1分。



スポンサードリンク

関連記事


TOPPAGE  TOP