スポンサードリンク

解説比叡山

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
延暦寺(えんりゃくじ)のある比叡山(ひえいざん)は、滋賀県と京都府の県境にあります。大津市の部分が延暦寺なのです。通称、比叡山として知られ、歴史上でも有名なお寺です。

848メートルもの比叡山全域に点在する延暦寺は、788年、伝教大使が創建した天台宗の総本山。

織田信長の焼き討ちに遭い、桃山時代から江戸時代初期に、豊臣家や徳川家により再建されました。国宝や重要文化財も、数多く所有し、「比叡山鳥類繁殖地」として天然記念物にも指定されています。

比叡山の山頂より東塔、西塔、横川の3地区からなり、山中には200を超す堂塔が並んでいるため、比叡山内シャトルバスを利用して拝観することをお勧めします。

延暦寺発祥の地でもあるのが東塔の総本堂の、根本中堂近辺です。

何より欠かせない見どころは、国宝に指定されている根本中堂で、最澄の時代から続いている「不滅の法灯」は必見です。消失したときこそ一時絶えましたが、山形県にある立石寺に分灯していたものを移して、現在でも途絶えること灯っています。

この他にも、大講堂、戒壇院、国宝殿、など見所はたくさんあります。

厳粛な空気が漂う西塔は、最澄の高弟、円澄が開いたとことです。西塔の中心になり、延暦寺にあるものの中で最古になるお堂が、釈迦堂で、重要文化財に指定されています。

常行堂と法華堂の、堂と堂の間をつなぐ渡り廊下があり、天秤に似ている形をしている、にない堂、そして信長の焼き討ちから、唯一まぬがれたとして有名な瑠璃堂があります。

西塔地区から4キロほど北の方向にあるのが横川地区で、慈覚大使が、850年に開いたところと言われています。修行地の趣がより濃いエリアです。

美しさで目をひく朱塗りの横川中堂や、おみくじ考案した慈恵大使の住居跡である元三大師堂があります。

>世界遺産「古都京都の文化財」について

比叡山(ひえいざん)所在地

滋賀県と京都府の県境(滋賀県大津市西部と京都府京都市北東部)


比叡山(ひえいざん)への交通アクセス

・東塔へは、京都駅前から比叡山ドライブバス1時間10分、延暦寺バスセンター下車徒歩1分。
・西塔へは、延暦寺バスセンターから、比叡山内シャトルバス3分、西塔下車徒歩1分。
・横川へは、延暦寺バスセンターから、比叡山内シャトルバス3分、横川下車徒歩1分。



TOPPAGE  TOP