スポンサードリンク

解説姫路城

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
日本の世界遺産:姫路城 姫路城(ひめじじょう)
~兵庫県姫路市~

美しいー。
日本の城といえば、この姫路城の姿がピッタリきます。
白鷺が羽を広げたような優美な姿から「白鷺城」の愛称で親しまれる姫路城は、1993年に、法隆寺と共に、日本初の世界文化遺産に登録されました。

明治維新以降、ほとんどの城が取り壊しになった中で、築城当時のままの姿を残す唯一の城として、国宝や重要文化財に指定されています。

日本一の名城と名高い姫路城は、4つしかない国宝城の1つで、優美な姿とはうらはらに、戦国時代の要塞として、様々な仕掛けが施され、無駄のない実用的な構造をも併せ持っているところが、もう一つの魅力でしょう。

そもそも誰がいつ、姫路城を造ったのでしょうか。
1333年、赤松則村が姫村に砦を築き、1346年、則村の子、貞範が城を建てたことが始まりですが、当時は小さな城でした。

1580年、後の豊臣秀吉になる羽柴秀吉が、西国攻略の拠点にすべく3層構造の天守閣を建て、現存する天守閣は、1601年から8年がかりで池田輝政が改修したものです。さらに1617年に、本田忠政が西の丸と三の丸を増改築し、現在の姿になりました。築城から13氏48代が城主となった姫路城は、羽柴(豊臣)秀吉など迎えた歴代城主の家紋が入った瓦によって、その歴史を語ってくれます。

封建制度の象徴でありながら、優美な佇まいをみせる姫路城ですが、過去に、売りに出された時代がありました。

明治時代、廃藩置県によって、全国各地の城は役に立たない上に、維持費がかかるという理由により、次々と競売にかけられていき、姫路城も例外ではありませんでした。実際落札された価格は、23円50銭で、現在に換算すると20万円足らずです。

日本の世界遺産:姫路城 競り落としたのは、城下の個人で、落札の理由が「城の瓦を売るため」という話ですから、大変興味深い話です。しかし、解体費用に莫大な費用がかかることから、買い取りを断念。もし、落札者が、権利を放棄してくれなければ、現在の世界遺産である姫路城は存在していなかったかもしれませんから、美しい姿も格別の思いで見ることができるでしょう。

姫路城を訪れるベストシーズンは、やはり桜の時期でしょう。

真っ白な城にピンクの桜がよく映え、約1,000本あると言われるソメイヨシノ、山桜、枝垂れ桜は、見事な美しさです。お花見時期は、数多くの露天や観桜会、夜桜観賞などで姫路城は大いに盛り上がりますので、3月下旬~4月上旬のベストシーズンに訪れたいものです。

見どころとしましては、天守閣を始め、数多くの国宝や重要文化財があるだけでなく、家康の孫娘、千姫の物語や、宮本武蔵の妖怪退治、播州皿屋敷の「お菊の井戸」など有名なものがたくさんあります。


天守閣

5層6階の大天守と、3層の小天守が渡り櫓でつながっている連結式天守閣で、国宝にも指定されています。機能、構造的にも最高級の天守閣と言われ、急な階段を頑張って登った先には 360度の大パノラマが広がっていて、城内と姫路市街が一望できます。

宮本武蔵が天守に出る妖怪を退治するよう命を受け、夜中、妖怪とにらみあい、見事追い出したという話があります。


菱の門

城内の入り口となる、二の丸付近にある一番大きい門です。
重要文化財に指定されていて、安土桃山時代の色濃い建物です。


西の丸

家康の孫、千姫の殿舎が築かれた場所で、千姫の人形が置かれ、当時の様子を再現しています。


お菊井戸

元は釣瓶取井戸(つるべとりいど)と呼ばれていました。
お家乗っ取りの陰謀を暴くため、お菊を女中として情報収集に当たらせていたことが発覚、お菊は、家宝の皿を一枚割ったという濡れ衣を着せられ殺されて、この井戸に投げ込まれたということから、現在ではお菊井戸と呼ばれています。以来、夜ごとお菊の悲しい声が聞こえるという 怪談話としても有名です。


※その他、姫路城細部の見どころをご紹介します。

・菱の門と天守を結ぶ近道の「る」の門は、人が一人入るのがやっとという狭き門。

・「ほ」門の内側にある油壁。
山土に豆砂利を加え、米のとぎ汁などで練り固めた油壁は、鉄砲の弾をもはじき返すと言われています。ほとんど白漆喰の壁の姫路城の中で、ひときわ目立ちます。秀吉時代のの名残と言われています。油壁には水の門が隠されていたり、巧妙な仕掛けが至る所に散りばめられています。

・キリシタンだった城主、黒田孝高の名残と言われる「クロス瓦」。
十字架の付いた鬼瓦も見ものです。

・塀の至る所に空いている「狭間(はざま)」は、三角や四角、丸など形も様々で、鉄砲や弓を放ったり、のぞき穴としても役割をしていました。


優美で壮麗な外観であるのに、細かいところでしっかり要塞としての工夫がなされていることに、驚くと共に感心してしまいますね。



姫路城への交通アクセス

  JR山陽新幹線・山陽本線姫路駅から徒歩15分。



スポンサードリンク

関連記事


TOPPAGE  TOP