スポンサードリンク

解説春日大社

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
春日大社(かすがたいしゃ)は、710年、藤原不比等が鹿島神宮より、藤原氏の氏神を勧請し、 平城京の守護神として春日山麓に祀ったのが始まりで、768年に官社となりました。

都が京都に移った後も、藤原氏とともに繁栄し、春日信仰が広がったそうです。祭神は、鹿に乗ってやってきたとされていることから、春日神社がある奈良公園では、鹿が保護され多く放たれています。

奈良公園といえば鹿、というイメージには、このような理由があったわけです。深い緑に包まれて、朱塗りの柱に白い壁の社殿が鮮やかに映え、壮麗で瑞々しい姿で佇み、国宝や重要文化財も多く所有しています。

見どころとしては、柱が太くて木造の典型的な春日鳥居である「一の鳥居」、4棟並んでいる本社は、国宝に指定されています。本社に続く長い参道には、その数3000とも言われるおびただしい数の石燈籠が並んでいて、信仰の広がりを感じさせながら、典雅な雰囲気を今に伝えています。

本社の前で枝を伸ばす、「砂ずりの藤」という藤の木が季節ならではの見もので、その名の通り 地面に付きそうなほど成長し、4月末~5月中旬くらいまでの季節を楽しませてくれます。

その他、「万葉集」にも詠まれた、約300種類の植物が栽培されている庭園の神苑も、見事な回遊式庭園です。

>世界遺産「古都奈良の文化財」について

春日大社(かすがたいしゃ)所在地

奈良県奈良市(奈良公園内)

春日大社(かすがたいしゃ)への交通アクセス

近鉄奈良駅から、奈良交通バス70系統・97系統10分、春日大社本殿前下車すぐ。



TOPPAGE  TOP