スポンサードリンク

解説紀伊山地の霊場と参拝道

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
日本の世界遺産:紀伊山地の霊場と参拝道 紀伊山地の霊場と参拝道
~奈良県吉野郡吉野町・天川村・十津川村
和歌山県新宮市・田辺市・東牟婁郡那智勝浦町・伊都郡高野町・九度山町・かつらぎ町、三重県 熊野市・南牟婁郡紀宝町~


和歌山・奈良・三重にまたがる紀伊山地は、自然信仰より日本人の宗教心を育んだ、大切な場所です。

古くから、神々が鎮座する場所だと信じられてきた上に、仏教においても、紀伊山地自体を、俗世間とは異なる仏の世界に見立て、山岳修行の場としていました。

特別な神社や寺院ではなく、神秘的な道が、世界遺産になったのには、延々と連なる山々、深い森、清流などを崇めた、素朴で伝統的な信仰に、外来宗教が融合し、1000年以上も前か、多くの人が祈りをささげてきた聖地だからです。
2004年に世界遺産に登録されました。

紀伊山地の霊場と参詣道は、もともと巨木、巨岩、滝を神体とする自然信仰に由来し、仏教伝来後は神仏を融合した熊野信仰で知られる「熊野三山」と、修験場の故郷であり、神木としてのサクラで名高い「吉野・大峯」、さらに、真言密教を興した弘法大使空海によって開かれた「高野山」の3つの霊場と、それをつなぐ参詣道から成り立っています。

太古の昔より、人々の畏敬を集めていた元祖パワースポット、その魅力と歩き方をご紹介していきましょう。


紀伊山地の霊場と参拝道めぐり

>熊野三山
>吉野・大峯
>高野山



スポンサードリンク

関連記事


TOPPAGE  TOP