スポンサードリンク

解説危機的遺産・負の遺産

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
日本の世界遺産:危機的遺産・負の遺産 世界遺産は、主に3つの種類に分けられますが、その中で、危機的遺産、負の遺産と呼ばれているものもあります。どういう物件が危機的遺産や負の遺産と呼ばれているのでしょうか?

危機的遺産とは、世界遺産リストの中に登録されている物件のうち、地震や台風などの自然災害、または、民族紛争や開発行為などの人為災害で、一刻も早く救済措置が必要な、とても深刻な危機にさらされている物件のことを指します。

世界遺産委員会が、緊急に救済措置の必要な世界遺産を危機的遺産として登録し、2009年10月現在では、自然遺産で15件、文化遺産で16件が、危機的遺産に値するということです。

日本には危機的遺産はありません。自然災害は、避けようがありませんが、人為的災害で、破損や倒壊の危機にさらされるのは、実に悲しいことです。

人類は、長い歴史の中で常に正しい道を進み、文化的遺産を作りだしてきたわけではありません。私達人間は、時にとんでもない過ちを犯してきました。人類が犯してきた罪を、証明するような物件が、負の遺産と呼ばれています。

正式な位置づけではありませんが、世界遺産として認定されている物件のうち、負の遺産は、できれば後世には隠しておきたかった歴史の暗闇部分を拾い上げるという意味で大変価値のある物件と言えるでしょう。

日本では、広島の原爆ドームがそれに当たります。



スポンサードリンク

関連記事


TOPPAGE  TOP