スポンサードリンク

解説熊野三山

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
熊野三山(くまのさんざん)とは、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社をまとめた総称で、「山」とは、神の住む清浄な土地という意味です。

古くから、熊野の山々は、冥土、黄泉の国と考えられていました。

仏教が伝わるようになると、本宮大社は阿弥陀如来、速玉大社は薬師如来、那智大社は千手観音とされ、神仏が融合し、仏や菩薩が人々を救うべく、その姿を現してくれたという考えから、熊野三山が成立したと言われています。

平安時代後期かた鎌倉時代初期にかけて、巨木、巨岩、滝といった至る所に神が宿り、擬死再生、輪廻転生が体感できる舞台として「熊野詣」が大流行しました。

それに伴い、熊野街道も発達、日本各地でも熊野信仰が広められ、熊野権現は全国に3,000社で祀られるようになったのです。明治の神仏分離政策により、完全に神道化しました。

>世界遺産「紀伊山地の霊場と参拝道」について

熊野三山(くまのさんざん)巡り

>熊野本宮大社
>熊野速玉大社
>熊野那智大社
>(熊野三山)参詣道紹介



TOPPAGE  TOP