スポンサードリンク

解説琉球王国のグスク及び関連遺産群

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
日本の世界遺産:琉球王国のグスク及び関連遺産群 琉球王国のグスク及び関連遺産群
~沖縄県那覇市・南城市。中城村・北中城村・うるま市 読谷村・今帰仁村~


琉球王国というのは、沖縄のことです。

沖縄本島には、かつてこの地で隆盛を築いた、琉球王国の歴史や文化を今に伝えてくれる遺跡が数多く残されています。

琉球王国のグスク及び関連遺産群は、琉球が琉球王国統一に動き始めた14世紀終わりから、王国がしっかり確立した18世紀末にかけて生みだされた文化遺産群です。

登録されているのは、今帰仁城跡、座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡、首里城跡、園比屋武御嶽石門、玉陵、識名園、斎場御嶽の9つからなり、日本では類を見ない特異性があり、稀な証拠であること、今でも崇められている存在であることなどから2000年に世界文化遺産に登録されました。

グスクとは、「城」という字で表現されていますが、同じ世界遺産の姫路城のような、私たちがよく知る「城」とは全く違うものです。

日本の世界遺産:琉球王国のグスク及び関連遺産群 琉球の歴史と文化の象徴がグスクであり、琉球石灰岩を積み上げた城壁に囲まれた城塞のことです。沖縄の島自体が、琉球石灰岩でできていること、台風が多いことから、石の文化が古くから根付いていたのでしょう。

ほとんどがグスク時代と呼ばれる12世紀~15世紀に作られたもので、全島に200以上のグスクが存在します。グスクは、もともとその土地の力のある豪族たちの居城として築かれたのが始まりです。

グスク時代から、北山・中山・南山の三山対立時代を経て15世紀始め、琉球王国統一となり、首里城は国王の居城として大いに栄えました。

グスクは、まだその全貌が明らかになっておらず、聖域であったり、集落であったり、城であったり、説も様々です。しかし、謎めいているからこそ、神秘的でスピリチュアルな場所として今も人々に崇められているのでしょう。


琉球王国のグスク及び関連遺産群への交通アクセス

那覇まで飛行機で、東京(羽田)より2時間30分。
大阪(伊丹・関空)より2時間、福岡から1時間40分。


琉球王国のグスク及び関連遺産群を巡る(見どころ)

南部の遺産群
~首里城・園比屋武御嶽石門・識名園・玉陵・斎場御嶽~
>首里城(しゅりじょう)
>円比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)
>識名園(しきなえん)
>玉陵(たまうどぅん)
>斎場御嶽(せいふぁうたき)

中部・北部の遺産群
~中城城跡・勝連城跡・座喜味城跡・今帰仁城跡~
>中城城跡(なかぐすくじょうあと)
>勝連城跡(かつれんじょうあと)
座喜味城跡(ざきみじょうあと)
今帰仁城跡(なきじんじょうあと



スポンサードリンク

関連記事


TOPPAGE  TOP