スポンサードリンク

解説斎場御嶽

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
斎場御嶽(せいふぁうたき)は、琉球開闢の神、アマミキヨが造った国始めの7つの御嶽の1つ。

琉球王国時代には、琉球最高の神職の即位儀式も行われるほどの格式高いナンバーワンの聖地として知られています。

2つの巨岩が、寄り添ってできた、三角形のトンネルが有名で、トンネルの先に、三庫理(さんぐーい)と呼ばれる神域があり、アマミキヨが降臨した神の島と言われる久高島を、正面に望むことができます。

>世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」について



TOPPAGE  TOP