スポンサードリンク

解説白神山地

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
日本の世界遺産:白神山地 白神山地(しらかみさんち)
~青森県西津軽郡鰺ヶ沢町・深浦町・中津軽郡西目屋村、 秋田県山本郡藤里町~

青森県と秋田県にまたがるブナ原生林、総面積13万haの広大に広がる白神山地は、約8000年も前、縄文時代創世記から存在した、と言われています。

世界遺産に登録されているのは、中心部の約1万7000haで、屋久島とともに、日本で初めての世界自然遺産として、1993年に登録されました。

これほど人の手が加えられずに、広大に広がるブナ原生林は世界でも珍しく、最大級の広さを誇っています。


なぜ、この地に8000年もの間、世代交代を続けながら、ブナ林が残ったのでしょうか。
それには、白神山地特有の地質、樹木の性質も、大いに関係しているようです。山地の地質は、白亜紀の花崗岩の上に、海底火山の灰や砂などが積もってできたものです。土の中から、貝殻も見つかっていることから、海底が、隆起して作られたとも、考えられています。

標高1000mを超す山々から、貝がみつかるなんて不思議な感じがしますが、地質を調査すると 驚くべき事実が浮かび上がってくるもので、新たな発見が、非常に面白いですね!

東西に隆起してできた地層は、長い間雨水の浸食を受け、白神山地周囲に何本も清流を作り上げました。ブナを筆頭にミズワラ、サワグルミなど、白神山地の森は水分をたっぷり吸収することを好む樹木で、構成されています。保水力のある大きな森、そして雪解けの大量の水で作られる川、森が生き延びていくのに、必要な最初の条件が、まず地質の面で整えられています。

実際に白神山地に入ると、地面がふわふわして、弾んでいるような感覚になるくらい、軟らかい土が広がっているのが分かります。この軟らかい土は、落ち葉の土だからだそうで、ブナの葉が落ちて、厚く敷き詰められて腐葉土になり、何百年も何千年も繰り返すことで、ふわふわな土に なるということです。

日本の世界遺産:白神山地 腐葉土には栄養が豊富なため、微生物もたくさん棲みつきます。また、ブナの実や芽を好物とする鳥類、小動物にも、森は恰好の餌場でもあります。微生物を虫が食べ、虫を小動物が捕食し、 そして小動物を大きな動物が捕食するといった、食物連鎖が自然と成り立ち、ブナが豊作の年は、動物の数が増加し、不作の年は減少します。

森の中の生態系のバランスも、長い間程良く取れてきたというのも、白神山地が長生きしてきた、要因の一つでしょう。

さらに、軟らかい地面のため、崖崩れが多く、林道を作ろうにも作れず、結果として人を寄せ付けなかったということが、手つかずの原生林として残った最大の理由かもしれません。

太古の時代から、姿を変えず存在し続ける白神山地、山間に住む人々は、昔から森に入り、狩猟や木の実を採取して暮らす、マタギ生活を送ってきました。彼らが、狩猟や採取も最小限に抑えて、生態系を守ってきた、大いなる森を訪れ、自然の雄大な力を感じてみませんか。



白神山地(しらかみさんち)所在地

青森県南西部から秋田県北西部


白神山地(しらかみさんち)への交通アクセス

秋田駅からJR奥羽本線特急で東能代駅で乗り換え、五能線・各駅下車。


白神山地(しらかみさんち)の見どころ

ブナは実をつける木なので、樹齢は短く200年ほどです。
白神山地の原生林には、老若問わず様々なブナが存在し、多種多様な植物、希少生物も生息しています。世界遺産に登録されている地域は、手つかずのまま保護されているため、新しい道などは特に開発されていません。秋田県側の核心地域は、入山禁止になっていて、青森県側の核心地域のみ入山許可を届ければ、入ることができます。

それでは、太古の自然が今も残る、貴重な白神山地の見どころをご紹介しましょう。

>白神岳
>十二湖
>二ツ森
>暗門の滝
>マザーツリー


スポンサードリンク

関連記事


TOPPAGE  TOP