スポンサードリンク

解説知床

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
日本の世界遺産:知床 知床(しれとこ)
~北海道目梨郡羅臼町・斜里郡斜里町~

知床(しれとこ)半島は、日本の北海道の北東部に位置し、オホーツク海に突き出た長さ約70km、面積約10万haの半島です。

世界自然遺産に登録されている範囲は、知床半島の中央部から、先端部の知床岬までの48700haと、オホーツク沿岸海域の22400haです。

知床という地名は、アイヌ語の「シリエトク」から来ているもので、地の果てを意味し、由来のとおり、手つかずの自然の宝庫です。約860万年前の、海底火山にはじまる火山列から形成されていて、知床最高峰の羅臼岳、硫黄山も火山です。

火山の山麓には豊富な温泉が湧き、山々からは90本以上の川が海に流れ込んでいます。大変特殊な地形にプラスして、気象も特殊で、半島を縦に伸びる火山列に、フェーン現象(山肌にあたり、山を越え、暖かくて乾いた下降気流となった風の影響でその付近の気温が上がること)が起き、数十キロ先なのに、全く天気が違うなどといった現象が起きています。このような様々な環境が、知床の生態系を豊かにし、生物多様性という特徴を生み出しているのです。

冬になると、流氷が流れ着く場所としても有名ですが、流氷によって、大量のプランクトンが運ばれて、鮭などの豊富な魚介類が生息しています。その鮭が、産卵期に川を遡上って、ヒグマやオジロワシが鮭を食べ、食べ残しや排泄物、死骸などが、植物の栄養となるのです。海陸両方の世界が繰り広げる食物連鎖は、自然界にはとても貴重で、この食物連鎖の重要性、特異性と、 絶滅が危惧されている国際的希少種であるオオワシ、シマフクロウなどの生息地、さらに知床は、環境が守れやすい国立公園に指定されている場所が多い、ということが評価されて2005年、日本の世界自然遺産としては3番目の登録になりました。

訪れる前に、知っておくと為になるポイントをご紹介します。
植物編ですが、知床には海岸から高山までの地形が揃っているため、様々な植物につぎつぎと交代で出会えます。中でも海岸では、エゾモメンヅルやチシマコハマギク、高山では、シレトコスミレなどの希少種は、なかなか見ることのできない品種ですので、ぜひチェックしていただきたいものです。

日本の世界遺産:知床 動物編では、なんといってもヒグマでしょう。
知床の豊かな自然が、十分な食べ物を生んでいることから、そこらじゅうにヒグマが生息しています。ヒグマの棲み家にお邪魔する、という気持ちを忘れず、早朝や夕方の入山を控えたり、鈴を付けて人間の存在を知らせたり、基本的な知識を頭に入れてから、訪ねたいものです。また、近年はエゾジカが、爆発的に増加しています。人口草地の増大や積雪の減少などが、原因とされていますが、最大で体重130kgにもなる大型のシカは、車を怖がらないので近寄ってきます。衝突すれば一大事です。日没と夜明け前後、または森に近い道路などではくれぐれも注意してください。また、野生動物にむやみに餌を与えるのはやめましょう。人慣れし過ぎると、里に下りてきて民家や畑にいたずらをしたり、また、里に下りて来てしまったせいで、人間に捕獲、最悪の場合は、射殺されかねません。無責任に餌付はしないことです。



知床(しれとこ)への交通アクセス

根室中標津空港、または女満別空港よりウトロ、羅臼方面へバス。


知床(しれとこ)の見どころ

知床を訪れたのであれば、ここだけは見ておかなくちゃというスポットをご紹介します!


>羅臼岳
>カムイワッカの滝
>フレペの滝
>知床五湖
>知床の海



スポンサードリンク

関連記事


TOPPAGE  TOP