スポンサードリンク

解説円比屋武御嶽石門

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
円比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)は、同じく首里城公園内にあり、守礼門を抜けた、左側にある重厚な石造の門です。

屋根は平入唐破風(弓を横にしたような形で、中央が高く、左右になだらかに流れる曲線を持つ、日本独特の形)で、両端に鳩尾を載せています。

門後方は、聖域となっていて、門自体が拝殿の役割を持つとのことで、国王が退出の際、ここで無事を祈ったと言われています。

沖縄戦で破損しましたが、昭和32年に復元されました。

>世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」について


TOPPAGE  TOP