スポンサードリンク

解説玉陵

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
玉陵(たまうどぅん)は、歴代王族が眠る陸墓。

第二尚真王が、父である、尚円王の遺骨を納めるために1501年に創建しました。

沖縄独自の石造破風墓で、東室、中室、西室の3基からなり、琉球国王を始め、王妃など60柱以上の王族が葬られています。

重厚な石造りの建築が見事で、墓の上には守り神であるシーサーが、建っています。同時期に建立された墓地内の石碑、「たまおどんのひもん」は、沖縄最古の平仮名の碑文と言われており、玉陵に祀られる、資格ある者の名前が記されています。

沖縄戦で、大きな被害を受けましたが1974年に修復されました。

>世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」について



TOPPAGE  TOP