スポンサードリンク

解説東大寺

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
東大寺(とうだいじ)は、若草山の麓に広がる緑豊かな境内で、有名な「奈良の大仏」が鎮座しているお寺。

金鐘寺という名前から、金光明寺、そして752年、大仏開眼後に、平城京の東にある大きなお寺という意味で東大寺と改名されました。

度々火災に遭い、創建当時の面影はほとんど失っているとはいえ、巨大な大仏を始め、建物や仏像も国宝が建ち並び、天平の栄華を今に伝えてくれます。

大仏殿の参道の中ほどに経つ南大門は、東大寺総門です。
壮大な南大門は、当時、宋から教わった大仏様建築の貴重な構造で、国宝にも指定されています。

左右には、運慶、快慶作の金剛力士立像が勇ましく立ち、訪れる人を出迎えてくれます。南大門から続く石畳の正面に、金堂大仏殿があります。

やはり、東大寺と言えば、大仏を見ずして帰れません。江戸時代に再建された現在の大仏殿は、高さ49m、正面57m、奥行き50mで、創建時の大きさよりは、3分の2になってしまいましたが、それでも、世界最大の木造建築と言われています。中に鎮座している大仏も、高さ15mで現存する世界最大の金銅仏です。当時3年をかけて、下から8段に分けて鋳造したと言われています。

どれだけ大きいかと言いますと、大仏に向かって右奥の柱の根元に、大仏の鼻の穴と同じ大きさの穴があるので、ぜひご覧になって実感してみてください。

今でもそのスケールの大きさは圧巻ですので、当時の人たちは、なおさら驚き、有難がったことでしょう。

三月堂に向かう途中に、大仏と同じ年に造られた梵鐘を見学し、東大寺の中で最も古い建物とされる三月堂へ。中には、国宝にも指定されている不空羂索観音立像があるほか、多くの奈良時代の国宝や、重要文化財が安置されています。

そして、奈良市街や生駒山まで一望できる二月堂、西域や唐から伝わった文献や、聖武天皇の遺品、東大寺の寺宝などが置かれている正倉院、鑑真和尚が、日本で初めて戒を受けた時に建てられた戒壇院など、見どころ満載です。

観光ポイントがたくさんあるので徒歩が好ましいですが、とにかく広いので、バス利用も含め、 時間に余裕をもってお出かけすることをお勧めします。

>世界遺産「古都奈良の文化財」について

東大寺(とうだいじ)所在地

奈良県奈良市雑司町


東大寺(とうだいじ)への交通アクセス

近鉄奈良駅から、奈良交通バス市内循環外回り4分、大仏殿春日大社前下車徒歩4分。



TOPPAGE  TOP