スポンサードリンク

解説富岡製糸場と絹産業遺産群

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
日本の世界遺産:日本の世界遺産暫定リスト:富岡製糸場と絹産業遺産群 富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬県富岡市ほか)

群馬県は、古くから養蚕業が盛んでしたが養蚕業農家群や蚕の卵を保存した風穴、1872年(明治5年)に国内初の大規模工場として建てられた富岡製糸場や、それを支えた鉄道、倉庫など絹産業遺産群が、今でもなお、良い状態で保存されています。

富岡製糸場が、世界遺産に登録されれば、石見銀山に続く、2番目の産業遺産となります。

のどかな街並みですが、自治体は、一丸となって高速道路沿いに大きなモニュメントを掲げて、 世界遺産の登録を呼びかけています。

2007年暫定リスト登録、文化遺産。

>日本の世界遺産暫定リストについて

富岡製糸場と絹産業遺産群への交通アクセス

上越新幹線高崎駅から、上州電鉄に乗り換えて上州富岡駅下車、徒歩10分。



TOPPAGE  TOP